初心者にふさわしいデイトレ手法とは⁉

デイトレ日記
スポンサーリンク

こんにちは!
本日は、株初心者に最もふさわしいデイトレ手法についての私なりの考えを書いていきます。
まだ、デイトレードを初めて3ヵ月で全然大した結果も残せていない私が言うのも大変おこがましい内容ですが、これからデイトレードを始める人に少しでも役に立っていただきたく思います。

デイトレを初めて約3ヵ月間の成績

私は、今年2月に会社を退職し3月からデイトレードを始めました。
株の中長期投資は20年近くやっていたのですが、デイトレードは全くの初心者のため、最初の1ヶ月(2020年2月)は、デイトレードは一切行わず、デイトレードしている気持ち(仮想デイトレード)になって約1ヶ月毎日相場を観察していました。
コロナの影響で下落相場だったこともあったんですが、この「仮想デイトレード」は大負けを繰り返しました。
「実際にやっていなくて良かった~」と安堵すると同時に、「このままではデイトレで生活するのは絶対に無理だ!」という気持ちが強くなりました。
このままでは駄目だということがわかり、株本を読み漁りインターネット・YouTube・メルマガ(無料版)等で情報を集めまくりました。
そして、自分なりに一つの答えを導き出しました。
その手法で1週間ほど仮想デイトレードを行い、なんとかなりそうだと思い3月中旬から実際にデイトレードを開始しました。その結果は以下の通りです。

  3月 +102,769円
  4月 +117,730円
  5月 +23,901円

初心者に向いているデイトレ手法

私が当初やっていた「仮想デイトレード」は、上がってきた銘柄または上がり続けそうな銘柄を買う、よく言われる順張りという方法でした。おそらく多くの人がやっている手法だと思います。
しかし、私はそれでは勝てず、試行錯誤した結果辿り着いた自分なりの答えが逆張りでした。
正直、性格などによって向き・不向きがあると思いますが、私のような負けず嫌いで慎重派の性格の人は逆張りが合っていると思います。
私が行っている逆張りは、チャートを見て下がってきてこれから上がるであろうという銘柄を下がりきったタイミングで買うという方法です。
基本的には指値で買いますが、一瞬で下がった銘柄は成行きで買うこともあります。
(ちなみに私は、板などは一切見ずに、チャートしか見ていません。板の見方がまだよくわからないというのもありますし、板を見ている余裕もありません。)
例を挙げて説明するとわかりやすいと思うので、私が実際に昨日(2020年6月5日)トレードした銘柄で説明します。

上のチャートは【3911】Aimingの昨日の5分足チャートです。
私が買ったのが、10時58分の817円です。チャートでは長い下ヒゲが出ているところです。
徐々に下がってきたので、817円で指値を入れて827円で即利確しました。
その後まだ上がりましたがそんなことは一切気にしません。粘って損切りというという痛い目に何度もあっているからです。

次のチャートは、【2121】ミクシィのこれも昨日の5分足チャートです。
私が買ったのが、10時20分1,716円です。チャートで長い陰線が出ているところです。
こちらは気付いたら一気に下がっていたので即購入しました。その後一旦下がったのですがすぐ上がったので、1,721円で利確しました。
基本的に株は、「買うと下がる」と思っておいたほうが無難です。だから、下がりきった時に買って少しでも下がるリスクを抑えたほうがいいです。
初心者の方で少しでもリスクを避けたい人や、資金が少なくこれ以上減らしたくないという方は、この逆張りが向いているを思います。
ただし、基本的に下がっている銘柄のため、その後の大きな上昇は期待できません。おそらくしばらくしてまた下がります。そのため大きな利益を取れることも少ないです。ですから、一気に巨額を掴もうと夢見ている人や一発逆転を狙っている人には向いていない手法だと思います。
ということで、私が現在やっている手法を書いてきましたが、私もまだデイトレード歴3ヵ月の初心者で全然結果も残せていないので、これからまだ試行錯誤して少しでも勝率が高い手法を見つけていきたいです。
板の読み方も少しづつ勉強していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よかったら人気ブログランキングのクリックにご協力お願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました